一戸建て不動産物件を探して理想の住まいを【快適マイライフ】

鳥と家のイラスト

投資の検討をする

上場不動産投資信託を検討してみよう

スーツを着た男性

不動産投資をするのであれば上場不動産投資信託がお勧めです。なぜならば、この金融商品は銘柄によってありとあらゆる収益物件に投資をしているからです。大規模なオフィスビルに投資をしているものもあれば、ファミリータイプマンションを主体に運営しているものもあります。また、個人投資家には縁遠い商業施設や物流施設、病院や介護施設を保有しているものもあります。最近では、海外の収益物件を運用資産に組み入れる銘柄も登場してきました。これからも保有する収益物件や投資エリアは多様化していくものと考えられます。自分に投資の知識や経験がなくても気軽に収益物件から得られる利益を享受することができる金融商品が上場不動産投資信託なのです。

間接的に収益物件を保有することになります

上場不動産投資信託を保有する際に注意するべきことは収益物件の所有権を持つことができるわけではないということです。自ら中古ワンルームマンションや1棟アパートに投資をする場合、多くのケースでは、区分所有権や土地建物の所有権を持つことができます。しかし、上場不動産投資信託の場合には、拠出したお金を運営会社に預けることによって運営会社がそのお金を活用して取得した収益物件の所有権を持つことになります。所有権そのものが欲しいという場合には、あまり向いていない投資商品ということになりますが、収益物件から得られる利益の分配を受けられればそれでよい人にとっては適した投資商品です。不動産投資でありながらいつでも換金することができる点も大きな魅力です。