一戸建て不動産物件を探して理想の住まいを【快適マイライフ】

鳥と家のイラスト

住まいの相談はプロへ

不動産業者に相談する時の基礎知識

模型の家と通帳

住まいを探すときや店舗用の物件を探すときには、まず最初に地元の不動産業者に相談するべきである。特に地域の地理情報に詳しい業者であれば、にぎやかさやアクセスや生活の便利さなどの条件に合わせて、最適な物件を紹介してくれるであろう。また相談する場合には、借りたい物件の具体的なイメージをできるだけわかりやすく伝えることが重要である。特に居住用物件の場合には、駅からの徒歩時間や間取りや家賃の要望を伝えるべきであろう。一方で貸店舗や賃貸オフィスのような事業用物件であれば、開業する予定の業種に合わせた物件を紹介してもらうべきである。特に飲食店向けの物件は数が限られているので、不動産業者の未公開情報を利用するべきであろう。

物件リクエストと値下げ交渉のテクニック

不動産業者に物件の問い合わせをする場合には、希望する物件が見つからないケースも多いであろう。しかし新着情報が多い業者であれば、事前に物件リクエストを出すことで、希望通りの物件を紹介してもらえるから安心である。特に満室の人気賃貸マンションであっても、不動産会社に希望物件登録を依頼することで、空室が出たときにはメールで知らせてもらえるであろう。また賃貸物件を探す場合には、初期費用や賃料などの条件面で折り合わないケースも多いであろう。しかし物件オーナーとの橋渡しが得意な不動産業者であれば、値下げ交渉も喜んで引き受けてくれるであろう。そのために家賃が高い場合でも、諦めずに不動産業者を通じて交渉を行うことが最も賢い方法である。